義眼を使用している80才台の男性、いつも自己管理をしており、入院中も自己管理してもらっていました、また、その方は年早老の認知があります。受け持った時に義眼を入れていなかったので問うと床灯台の引き出しに入れてあると言われたので確認の為許可をいただき引き出しをあけました。年寄りがよくやるティッシュに繰るんでしまっていました。ゴミとまちがえるといけないため真新しい入れ歯ケースを持っていたのでそこへ入れるようにしたらどうかと声かけして入れてそのまま床灯台の上に置きました。それから、10日位して再度受け持ちした時に義眼をはめていなかったので、どうしたか問うとしまってあると言われたが前回のこともありあるか確認しました。どこをさがしてもなく、長女さんが面会に来ていたので身の回り、床灯台の中を確認してもらいました。結果はなく、自宅にとも言われて確認してもらいましたがありませんとの答えでした。ティッシュに包んでいたからゴミと間違えて捨てたか?とおもいました。主任に経緯を伝えて対応してもらいました。
そして、紛失届けを家人に書いてもらうことになり主任、長女さん、私とで最終経緯を確認したのですが、たまたま受け持ちして気づいたことが裏目にでて、
私が入れ歯ケースに入れたことが×、その時にわかるように何でしていなかったのですか?家族にも声かけしてくれましたか?と長女さんから言われました。言われたことは何もしておらず、勝手に真新しい入れ歯ケースがあって入れただけでした。良かれと思ってやったことがこんなことになるなんて、納得行きませんが
長年看護師をやってきましたが一辺にやる気がなくなりました。

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。