看護部長が70代で配下は更に老害、上の上の上を行く。推して知るべしの組織体井戸端会議で配置がきまる 長期入院プシコ高齢化する中、老害組織体に説遇など有り得ない日常。「いつまで働けるか身体が持つか今の給料確保できるか」存在意識は此れに尽きる。患者は飯の種、骨は病院に埋めても罪悪感も医療倫理も忘却の彼方。看護部長推して知るべしの病院
 

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。