ICU(集中治療室)で働きたい

ICUでの患者さんとの関わり、接点はどんな感じ?

ICUって、意識のない人ばかりで患者さんとの会話もなさそうだし、コミュニケーションをとるのが苦手な私でもやっていけそう、なんて思う方ももしかしたらいるのかもしれません。実は、ICUは患者さんと関わる時間がとても多いんです。

今回は、患者さんとの関わりや接点についてまとめました。

ICUの勤務態勢から見た関わり

ICUは、他の病棟に比べると看護師が受け持つ患者さんの人数は少ないです。厚生労働省でも、重症度に合わせて患者さん2人に対して看護師1人以上を配置するように言われています。また、ICUでは数時間おきにバイタルを切ったり、観察を行ったりする必要があるので、どうしても患者さんのもとへ訪室する頻度は増えますし、患者さんと関わる必要があります。つまり、患者さんの覚醒状況問わず、ICUで勤務している以上患者さんとの関わりは必須なことなのです。

では、次に意識のある患者さん、意識のない患者さんで分けて関わりについて見てみましょう。

意識のある患者さんの場合

ICUで意識のある人っているの?と思う方もいるかもしれません。生命維持に必要なデバイスが徐々に減ってきて、退室できそうな人はコミュニケーションがとれる状態にありますし、今は不必要に鎮静を深くしない傾向になってきているため、薬剤を使って眠らせようとしても意思疎通が図れる程度で患者さんが負担のない状況に薬剤の使用を押さえている場合が多いです。

では、どういった場面で患者さんと関わっていくのでしょうか。

当たり前ですが、全身観察をしたり、ケアをしたり、患者さんに何かをするときには必ず声をかけます。何も言わずに急に身体に触れられたら、誰だって嫌ですよね。また、患者さんの訴えにも耳を傾ける必要があります。あれがほしい、これをやって、というように自分から訴える方もいれば、我慢して何も言わずにじっとしている方もいるため、必要なときにはこちらから察して声をかける必要があります。

モニターで観察していたり表情や様子でくみ取っていたりしても、やはり自覚症状は患者さんにしかわからないため、その訴えにも傾聴して対応するようにします。

また、リハビリをICUで行う場合も多いです。ICUで行うリハビリの多くは、機械が装着されていたり、ドレーンや点滴が多かったりするため、看護師が手を貸す必要があります。機械が外れたり、挿入されている管や点滴が抜けてしまわないように、患者さんを誘導しつつ、観察も行いながらリハビリを実施します。

■意識のない患者さんの場合

意識のない患者さんは、安静度に制限があることが多いです。循環動態が崩れていたり、発熱があって意識がない場合もあれば、管理に必要なため深く眠らせている場合もあり様々です。そういった患者さんの場合でも、接するときには必ず声をかけます。正直なところ、意識のある患者さんも意識のない患者さんも、対応の仕方は一緒です。ただ、意識のない患者さんにも同様な対応が実施出来るかどうかは、看護する側の心がけ次第だと思います。

意識のない患者さんの場合は自分から訴えることはできないため、こちらから気付く必要があります。モニターの数値だけを見るのではなく、全身状態を観察し、ご家族からの言葉もくみ取って患者さんが必要としていることは何かを考えてケアや処置を行います。

 

まとめ

大まかに話しましたが、他の病棟でもICUでも人を相手にしていることは変わりありません。そのため、患者さんがどんな状態であれ接するときにはコミュニケーションが必要になります。そうでなくても、患者さんに積極的に関わることで状態の変化が分かることもあります。また、患者さんと直接関わるだけではなく、そのご家族やキーパーソンとなる人など患者さんを取り巻く人々と関わることでも患者さんの情報収集につながりますし、ケアに生かす事も出来ます。

例えば「痛い」と言えない方でも、痛いときには血圧が上がったり、顔をしかめたり、ぴくっと動いたり、小さなアクションが起こります。そうでなくても、こちらから痛そうだなと思ったら、あらかじめ鎮痛剤を使用する事が出来ますし、細かい観察がとても大切になるのです。

 

ICUでは1人の患者さんと関わる時間が多いため、病棟に比べて患者さんと接する時間も多くなり、関係性も築きやすくなります。一方で、使用している機械や点滴類が多いため、看護師主体で動きがちになりやすいですが、患者さんが何を考えているか、何を希望しているか観察した情報から汲み取ってケアや処置につなげる必要があります。

何度も何度もICUに入室される患者さんはそう多くはないため、患者さん自身どのように動いて良いのか何をしたら良いのか分からない事が多いです。看護師が直接関わっていない時間も安楽に過ごせるように、オリエンテーションなどを行うと良いのかもしれません。

ナース人材バンク

安心の上場企業が運営する「ナース人材バンク」は
年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する転職支援サービスです。

【ナース人材バンクの特長】
1.国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです!
2.マザーズ上場の安心企業が運営しています☆
3.全国15拠点で展開しているため、全国の看護師さんの転職サポートができます!
4.転職者さんの大変な条件交渉は、キャリアパートナーにお任せ頂きます♪

看護のお仕事

【特長】
1.全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!
2.看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
3.累計年間登録数業界最大級の11万人以上!
4.業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
 ?最新の人気求人なのでご登録者限定でのご紹介です!
5.医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。
 ?常に業界の情報をキャッチアップし、看護師さんの人生が少しでも良くなるように考えて対応しています!
  もちろん給与などの個人で行うと難しい条件交渉も行います!
6.各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!
 ?実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえたご提案をしています!
7.働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!

医療ワーカー

医療ワーカー

【2015年、楽天リサーチNo1の支持率】 看護師の転職なら医療ワーカー! 親身な対応、誠実なコンサルタントが看護師さんに評判を頂いております。 的外れな求人を紹介されたことありませんか? そんな時は医療ワーカーにお任せください。 2006年からの紹介実績が証拠です。 全国12拠点の営業所で全国の看護師さんの転職サポートを行っています。 電話・メールで紹介だけでなく面談までサポート。 看護師さんの満足いく転職はぜひ医療ワーカーにご相談ください!

-ICU(集中治療室)で働きたい

Copyright© 看護師の職場選びと働き方カルテ , 2021 All Rights Reserved.