産婦人科で働きたい

産婦人科の看護師の仕事とは?

産婦人科の看護師の仕事内容について知りたい人は多いでしょう。
特に、新卒で産婦人科に就職が決まった看護師や、転職で産婦人科への入職を検討している人などは、看護師が何をしているのか知りたいはずです。
看護師の中にも、産婦人科には助産師がいるのに看護師の仕事ってあるの?と考えている人は少なくはありません。
では、ここで看護師の産婦人科での仕事についてご紹介してみます。
基本的に、分娩以外の業務はすべて行う感じです。

タイムスケジュールからざっとご紹介しますと、午前中はドクターの回診があるので病棟内を回診でまわります。
それが終わると清拭やシャワー介助などを行い、シーツ交換の日にはシーツや枕カバーなどのリネン類を交換します。
入院があるときは、病棟内のオリエンテーションなど行い、婦人科などの手術日にはオペ出しの準備を行います。
点滴を午前中から行う場合もあります。
午前中に退院がある日は退院指導を行います。
昼食後、午後からは診察がある患者さんのところに行って診療の介助、その後、時間によって点滴の交換、オペが終わったらオペ室へ迎えに行って、オペ後の看護を行っていきます。
その間に、産褥婦に対する産褥体操の指導や授乳指導、沐浴指導、新生児室での業務を行っていきます。
また、妊娠高血圧症候群や切迫流早産の看護もありますし、中には絶対安静の方もいますから排泄の介助もあります。
だいたいこういったものが看護師の仕事になります。

産婦人科と言ったら、出産というイメージが強いと思いますが、正常分娩でしたら助産師の業務となります。
ですが異常分娩の場合、例えばカイザー(帝王切開)や婦人科の筋腫切除、子宮がんのための子宮全摘などのオペもありますから、そういった看護については看護師が行います。
また分娩のときは助産師がつきますが、産褥になると看護師がついて指導をすることが出来ますので、指導にあまり時間が取れないような場合には、夜中の授乳中などに仮眠を取らずに指導をしている看護師もいます。

どうしても、助産師の下で働いているような感じがしてしまう、そんな看護師もいますが、それなりに仕事はあって、けっこう忙しいので充実した仕事ができると思います。

-産婦人科で働きたい

Copyright© 看護師の仕事合わない?辞めたい?職場選びと転職サイト活用ガイド , 2021 All Rights Reserved.