患者さんの好き、嫌いは誰でもあると思いますし
人間である以上仕方ないと思います。

最近、当院で頭を悩ませている事をあえてお話しますと、嫌いな患者さんをTwitterから追い出そうと「○○者」なるアカウントを作って心理的に圧力をかける。
その中に自分の好きな患者さんを引き込み、嫌いな患者さんに対して「嫌がらせ」をけしかけるという事までしている。
(患者さんの話ですと以前からスタッフ自体が精神科の病気ではないか?と大変心配されていたとの事、また、仕事でTwitterを使っている他の病院の患者さんに迷惑がかかるとくるしんでいたとの事)

院長がご高齢でSNSの事がよくわかりかねる事とあくまでもプライベートという事で感知せずだったのですが、被害にあった患者さんが仲良くしている他の患者さんから伺い、ビックリしました。

この患者さんは当院以外でかかっている他の持病もあるため転院するのですが、当該職員に対しては犯精神科の治療も視野にいれる必要あると感じます。

SNSと患者さんの関係、気をつけないといけないですね。

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。