今年で5年目だが仕事できないと言われているB先輩……。
夜勤明けにB先輩の受け持ち患者が、急変のような状態であることを報告しながら吸引したり呼びかけたりしてるのに、B先輩は目の前で別患者のクーリング変えたり急ぎもしない吸引してたり。

ようやく来たと思ったら特に何もせずただただ
「どうしよっか。どうしたらいいかな。」
私も頭をフル回転させたけど……。結局リーダーが来て諸々事態が動き始めて対応できた。

最後に振り返りしたら、その時自分が何をやっていてどう対応してたかさっぱり覚えてないって。結局2人して対応が遅いと叱られた。

その日の日勤で亡くなったと、翌日知ったんだけど……私は凄く後悔した。私のせいなんじゃないか。もっとあの時……。と。
でも、B先輩は亡くなったことにも触れずカルテも開かず。もう無かったかのように。
こんな先輩だけにはなりたくない。

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。