療養病床にて。
業務の時間配分は自分達の都合優先。
ナースコールされても
…◯◯の時間は今じゃないから…
と、なんでもない日常ケアが意味不明な説得でスルーされる。
ケアそのものも、衛生もクソもあったもんじゃないく、オムツ交換は素手。患者の股間は季節、時間を問わず常時多量の枚数のオムツでフルプロテクト。
食事も床につきそうなひっくーいワゴンで配膳され
自分達はマズイから食べないと言う食事を
意味不明なエールを送られながら食べろ食べろと
迫られる。
患者がちょっと体調を崩せば完全寝たきりを
強要し動こうモンならお得意の抑制。
もちろんこの段階でトイレに行けてもオムツ装着。

消灯は21時らしいが、
20時前からテレビを消され
20時には消灯。
何故なら自分達の休憩が20時からだから。

介護が必要な患者の入院生活は何かしら我慢が付き物とは言え、足元見られすぎの患者が不憫でなりません。

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
うちの病院も似たようなもんです。本当にオムツの枚数がすごくて勝手に減らしてたら介護の人達から「漏れた時に替えるのは私達なのに」と苦情。消灯21時だからまだ消さなくていいよねーと思って消してなかったら「何で消してないの?」と指摘され。付き添いで歩ける患者さんなのに転倒防止という名目でベッドに寝たきり状態。何が患者さんの為になるのか。少しずつ改善していきたいけどまだまだ根強いこの習慣はなかなか改善されません。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2018/12/23 11:48

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。