やってしまった誤薬アクシデント。カメラの前処置で…
飲ませてはいけないものを。
謝った私に患者さんは「様子見よう」と言ってくれた。結果的には数時間後に嘔吐と下痢の前駆症状が出て再来し、点滴で軽快して帰って行った。
その間、業務の合間に何度か様子を見に行き患者さんからは「もう大丈夫」と笑顔まで頂いた次第でした。
その間、◯国出身の医者は自分の保身に走った。
アクシデント報告書を書け、患者が状態が悪くなった来たと私に連絡した後、看護管理職と事務長へ訴えに言ってましたわ。
私は逃げも隠しもしません。
管理職に伝える必要はあります。その内容よ
「私はちゃんと去年の所見用紙に書いていたのに◯◯さんは見ていなかった」
確かにそうです。
そこまで見なくても業務が出来るように前日にカルテの読み取りしてるんです。
カルテに禁忌薬剤の情報を入れるのこの医者の役目なんですけどね…
ですが、あなた(医者)の部署(健診)のミス(連携報告)は一言も言わず、本来の検査の予定でないものをイレギュラーで、急かしていた事実も言わず。
全ての責任を私に押し付けに院内を行脚してました。
全て私が悪者でよろしゅうございます。
😞💨

外来勤務で働きたい看護師に好評!おすすめ求人募集転職サイト比較

スポンサードリンク

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。