施設に入所中の100歳のおばあさんが家族に連れられて受診しました。

 施設の人が聞こえないから補聴器を作る方がいいと言われたから、と。
聴力検査をすると年齢相当の聴力でした。
耳元で話すと十分聞こえます。だから検査もスムーズに受けてもらえました。

 医師は「補聴器は自分が聞こえなくて困っていて、使ってみようと思われれば作られればいいです」と。
するとそのおばあさんは
「100歳の私には(補聴器をつけてまで聞かなければならない)大事な話はないです」と。
付き添いの家族はおばあさんの意見を尊重されて、施設の人にはそのように話します、と帰られました。

 施設の人は何を求めているのか。
外来勤務で働きたい看護師に好評!おすすめ求人募集転職サイト比較

スポンサードリンク

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。