とある急性期一般病棟でspo2低下でチアノーゼ出てる患者に挿管する事になって後輩に挿管介助経験させる為に伝えたら、『えっ?挿管するんですか…?』と。
確かに高齢患者ではあるけど、患者さんはもちろん苦しいと思うし、家族は助けて欲しくて救急要請して病院に来たわけだから、病院側としてもできる限りの処置はするのが当たり前でしょ。挿管介助は怖いし緊張するけど、看護師として急性期病棟で働くなら習得しておく手技だし何事も経験だ。

広告

スポンサードリンク


 

看護師の働き方と転職サイト活用ガイド
 

今の職場を辞めたい・看護師の仕事が合わないと
感じているナース向けの特集ページあり!

 

クリック▶<特集ページ>看護師の職場選びと働き方カルテ

  



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください