日経メディカルの記事

厚生労働省は2021年8月18日、都道府県などに事務連絡を発出し、濃厚接触者となった医療従事者の外出自粛要請を緩和できる旨を示した。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの2回接種を終えている場合」などの条件を満たせば、医療従事者が家庭内感染などで濃厚接触者になっても医療に従事する目的であれば、14日間の自宅待機を経ることなく外出可能になる(厚労省の事務連絡)。

 8月13日には、厚労省が同様の内容の事務連絡を「COVID-19対策に従事する医療従事者がCOVID-19対策に従事する場合」と対象を限定して出していたが、今回の事務連絡でその制限を外した。感染拡大地域を中心に、COVID-19診療以外の場面でも医療の担い手が不足しつつある現状に対応した格好だ。なお、この事務連絡は、感染状況などを踏まえて「必要に応じて見直す」としている。

はー?
看護師がなんだと思ってるでしょうか?
こちらも人間です。
クソ政治家まじ腹立つ😒💢💢

広告

スポンサードリンク


 

看護師の働き方と転職サイト活用ガイド
 

今の職場を辞めたい・看護師の仕事が合わないと
感じているナース向けの特集ページあり!

 

クリック▶<特集ページ>看護師の職場選びと働き方カルテ

  



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
それだけ強制力をもつなら、その強制を国民全体に課して都市封鎖をしてもいいと思います。
そのほうが感染が治まって医療もひっ迫しないのですから。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2021/08/24 21:02

ホントそれですよねー!
バカらしくなったので、
退職届を出しました。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2021/08/25 6:55
コメントありがとうございます。
なんのために働くのか?
私たちは一人の人間です。
看護師というだけで、そんな扱いは酷すぎる。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2021/08/26 12:49

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください