お昼ご飯配膳中、お昼休憩の申し送りで「〇号の〇さん、39度です」
直後、〇号室からのナースコール
配膳中の助手さんから「ガクガク震えてて、おかしい」と
さっき申し送りをしてた担当の姿は、もうステーションにはなかった

急変コール対応ではなかったけど、昼食を切り上げて帰ってきた師長から、残って対応したスタッフの対応の良さに労いの言葉をかけてくれた

「が」 そこじゃないんだよ

熱発報告したスタッフ、昨日から微熱が出ていたことも知らず、熱発時には血液培養をとる指示があったこともしらず、39度の熱発なのに部屋は「冷房」だし、布団などの調整も何もなし

1時間以上の休憩後に「そんな事があったの、大変ねー」と笑って、担当・当事者としての「自覚」まったくなし

振り返りをするって言われて「何を」「誰が」したかを書けって言われたけど、リーダーは時系列で報告を貰った時間から、レポート用紙2枚分
当人は2行だけだったそうで?

やだー、そんな看護師に「看護と言うなの何か」をしてもらいたくないー

広告

スポンサードリンク


 

看護師の働き方と転職サイト活用ガイド
 

今の職場を辞めたい・看護師の仕事が合わないと
感じているナース向けの特集ページあり!

 

クリック▶<特集ページ>看護師の職場選びと働き方カルテ

  



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください