悔しい…悔しくてたまらない。コロナ感染対策チームができた当時から私はまずは必要な感染対策を訴え続けてきた。

感染対策に秀でたスタッフが少ない実情に即して、私はあくまでも現場が困らないようにを最優先にやらなくてはいけない事を提案してきた。

初めの頃志ある仲間で防護着訓練を申し出た、かなり詳細まで詰めていたのに却下され、おかしな事になった。今思えば手柄を持っていかれたようなもの。

当然このチームの感染対策に力を注ぎたいと思っても今度は直属の上司が対策チームは二の次で本来の部署業務を優先しろと言われ参加しにくい雰囲気になってしまった。このコロナかに。当然、業務片手に何ができるわけでもなく…

それでも現場目線からの感染対策を訴え、提案してきたが明らかに必要な対策も私の提案となれば感染対策ど素人の自分は何もしない医者が全て却下する。

私が言ってる事は基本的な感染対策、でもその医者にしてみればその大切さが分からないからイコールくだらない事にしか聞こえないらしい。

結局は周りもその医者に権限があるから組織の中の動きに従え的な雰囲気で私の言う事は潰されていく。

酷い言葉でまるでバカにするように言われてきた。現場上司の反対自体おかしな話ですがしばらくチームに参加できない時はもうやめたら?と鼻で笑われた。

当たり前の事を言ってるのにいつも私は蚊帳の外。悔しい、本当に悔しい。

でも現場の同僚はその組織の異常な感じを分かってくれていて、私の頑張りを認めてくれている。そこだけが救いです。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
クリニックも似たようなものです。
感染対策についてアルコールを置くことや
受付のアクリル板設置や熱発患者診察時のフェイスシールドなど
あれやこれや言ったら
うちの方針に合わないと言われました。
確かに物凄く汚いのは知っていたけど。
コロナ3年めに突入してワクチンもブースター始まって
心折れましたよー。
結局なんだかやってられなくてやめました。
私と入れ替わりに若い看護師入ったんですけど
書類取りに行ったらフェイスシールドしてて
どうしたんですかって、聴いちゃったよ。
なにできる人ぶってるんで
笑っちゃいました。
今度は離職届け取りに行かないといけないんだけど
これが最後だと思って行ってきます。

変なところに就職して失敗した私です。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/03/07 18:08

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください