患者の暴言、どこにでもある。特に男の患者に多い気がする。トイレ介助やお世話をしたり色々尽くしているのに嫌になります。「いいって言ってるんだろー!」とか怒られたり、機嫌がその日により違う。コロコロ変わる。だから、医療関係、看護師とか、介護者とか、ワーカーとかお世話をする人材が減るとつくづくわかる。
文句しか言われない。報われず、嫌になりメンタル病んで辞めるパターンは多いよね。これが、現実だわ。
どんな思いでお世話してるのか、色々ためになりそうなこと考えるのが、バカらしくなるし、やる気もなくなるし、だから、みんなが割りきって仕事をするはめになるんです。
大変なのに、報われない。
ありがとうと言ってくださる患者さんだけに目をむけることにする。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
わかるなぁー。
報われない仕事。
なぜそんな世界にいつまでもいるんだろうかと、自分自身に問いかけてみるけど。看護することは好きなんだよなぁーって思う。
やなことが多いけど、たった一人の「ありがとう」にどんなに救われるか。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/05/12 12:58
分かりみが深いです。
そういう人のところにはナースコール以外では最低限のラウンドくらいしか行きません。むだに疲れるので。
根底には「女のくせに」っていうのがあるのでは、と偏見ですけど。その「女」が命懸けでお前を産んだんぞ、って思いますけど。

「ありがとう」って言われるだけで報われた気持ちになりますよね。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/05/12 17:31

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください