絶対導入したくない患者vs導入させたい医者

「お試しでやってみませんか?」からの
「1回だけやってみましょう」
そのままずるずると透析導入

患者は「騙された」「退院したら透析なんかしない」と
退院後透析に行かず、違う病気で他の病院に運ばれた

まだ若いから透析をしなきゃいけないって、受容できない患者を無理矢理導入させておいて、その後放ったらかし
何でやりたくないとか、自分の病気の事とか、もっと話をしなきゃいけないはずなのに
医者の説明で「全拒否」になった患者に、看護師がアプローチしても難しいんだよ
それを「看護師が指導しなかった」って評価しやがって、怒りしかない

1人じゃ何も決められなくて指示も出せないのに、天狗になって上から目線で変な指示出すのが、キライ
指示出すなら患者の顔見て、採血データ見てから言え
あの患者は、透析に関してはまだ導入しなくてもいいデータだったって、他医者から評価されてるし
新しく発覚した病気に関しても、おかしい採血結果出てるって看護師は評価して、報告してるの、記録に残ってるんだからな!

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください