ラダー。
全くめんどくさいものを、導入した看護協会。
臨床のスタッフはそんなもの望んどらん。
そんなものさしで、看護師を評価。
めんどくさいにも程がある。
ミニドクターを作りたいのか?
医者の権限なんていらない。
指示のものを、間違えなくできたらいいじゃん。
看護師の仕事は雑務ばかり。
患者さんに看護技術を提供するのが
仕事じゃダメですか?
アセスメントは大事だってわかるけど、診断下すのは医者の仕事だ‼️

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
日本看護協会ほど会員に嫌われている業界団体も珍しいかも知れません。
会員の大半である現場看護師が感じている問題点には対処する事なく、ありがた迷惑でしかないものを現場に押しつけつる、ラダーもその一つでしょう。
現場が辟易するものの中で最大級のものが看護研究なるもので、数十年単位で進歩が止まったまま、現場看護師の怨嗟を集め続ける存在であり続けています。
コロナ禍で疲弊する現場看護師を尻目にただ手をこまねいていた看護協会は退会者を大量に出していましたが、自業自得と言えるでしょう。
コロナ禍で慣習の中で看護師にとって必要なものとそうでないものが見えてきたと思いますが、成果が上がらない看護研究や、権限がない委員会が不要な存在と言う事がよくわかったと思いますので、省けるものは省いたままで良いでしょう。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/06/11 11:22

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください