妊娠希望の病棟ナースです。病棟が忙しく急遽シフト変更ばかりで、なかなか排卵日に合わせてタイミングも図れない。しかし急にできちゃった後輩なんていたら、、もうやってられないです。同僚の体調不良をカバーするためにシフト変更され、授かりたいのに授からない。。同僚にはこんなこと言えないので、愚痴外来でお話させてもらいました。
じゃあいっそ辞めればいいんじゃない??と自分でも思います。でも、今まで沢山同僚の妊婦ナースの業務をフォローし、産休まで送り出してきました。看護師として働くということは、同僚との『困った時はお互い様』の精神が1番大切なことだと思って仕事をしてきました。そろそろわたしも、『お互い様』と声をかけられる側になりたいと思ってしまうのです。

看護師の人員不足。業務過多。看護師に求められる重責。たくさんの要因が、看護師を働きにくくしていると思う。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
とてもとても、心やさしい、よい方なんだと思います。
同僚の方も、深い信頼を寄せておられるんだろうと思います。

ただ、事情が事情だけに、まわりの方を優先させ続けるのも、ちょっと考えものかもしれません。
自分ファーストでね。

あかちゃんが来てくれますように。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/11/05 8:47
困ったときはお互い様、
相手側、他のスタッフはなんとも思ってない人もいる。
仕事でも、そんな感じ。困ったときはお互い様だよねといいながら、あんたがやってないんだよって思うことも多々ある。
勤務変更も、困ったときはお互い様とか良いながら、いいように使われてるなと思ってしまう。
断る勇気も必要だと思いますよ。人生一度しかない、あのときこうしてたら今頃、なんて思いはしないようにしてほしいです。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/11/09 0:29

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください