胃管の自己抜去…解決策は予想通り上肢拘束。その前に毎日テープ交換したの?その患者の特徴にあった固定の工夫したの?私が休みだと何日も固定テープそのまま。テープの周りはハゲかけて、粘着なんかなくて乾いてる…かろうじてくっついた状態で平気で経管栄養流してる…その無神経さか、無責任さ。今まで何度も自己抜去されて、その度に毎日テープ交換しないといけない事、その手技を伝えてきたけど理解できない人達みたい…胃管に関する事故やリスク知らな過ぎ…話になんない。たまにテープ交換した時は必ず潰瘍作る…そうならないためにはどう工夫するか、拘束しないためにどう看護するかという発想はないんだな。ハッキリ言います!あの患者の自己抜去は拘束は必要ありません!テープの固定で防げるレベルです!固定技術勉強してください!みんな、その日終わればそれで良し。看護師のプライドないみたい。患者の手が臭いなら洗えばいいのに洗いもせず、お茶が消臭作用あるからと馬鹿みたいにお茶のパック握らせる…それより洗えば!保清したら!洗わなくても臭いが消えるのよ〜!って、安くさい通販番組みたいな事看護にあてはめないでください!

広告

スポンサードリンク


 

看護師の働き方と転職サイト活用ガイド
 

今の職場を辞めたい・看護師の仕事が合わないと
感じているナース向けの特集ページあり!

 

クリック▶<特集ページ>看護師の職場選びと働き方カルテ

  



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください