私、すごく頑張っているんです。でもその頑張りを見せないように、威張らないようにしている。でもここぞということは意見して、師長にも助言してきた。でも私が意見して変わったことなんか結局は誰も…というか師長も特に気にも止めない。患者の人生左右するような提案してもなんの評価もない。褒められたいわけではない、消して。ただ影で努力して勉強してもここでは報われないんだな…と実感。そしてただ年功序列で未だに昇進していく。個人評価なんか師長や管理職が視点持たないから本当に看護を頑張りたい人は辛いだけ、てきとうに生活のために働いる奴らにはパラダイス。だから看護にひた向きな本当に必要な人材はみんな辞めてしまう。給与面などの表面上の理由を述べて。それを鵜呑みにしていまだに有能な人材の流出に歯止めかけられない看護部長…評価できない師長たち。先日、昇進の話があった。私の看護に対しての評価はなく、年齢的にもう妥当な人がいない…という言い方だった。私が勘違いしてるのかな…?いや、違う。

広告



今の職場が合わないと思っているあなたへ

病棟から外来、急性期から回復期、そんな感じで所属部署を変えられればいいんですけど、病院内で部署異動ができないなら、他の病院を探して自分に合う職場を探す方が上手くいくことも。納得できる職場探しに便利なのが▶ 看護のお仕事

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください