なんか月ぶりに話した沢山いる副部長の一人。
「元気?」と聞かれて、出た言葉は「いいえ」てした。
コロナで感染病棟、包括とコロコロ変わる病棟内で必死に働いてきています。
只でさえ、適応障害と、診断されても薬を飲みながら働いています。

でも、ふと考えました。
私はなんのために、ここて働いているのだろうか?と。

副部長は「師長に話を聞いてもらいなよ、聞いてもらうだけでも違うから」といって去っていきましてが、その師長からチクチク嫌みを言われているのです。
何を話せばいいのでしょうか?
私の事などあからさまに理解出来ない師長に。

年度末に退職を考えなから、今日も一日を乗り越えてきました。

もはやあそこに私の未来はないと、確信しています。
一にもならない私など、働く価値もありません。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください