私の職場場合、62歳の部長がいます。あと数年と定年のはずですが、完全に独裁者。部下の意見は聞かない、病棟の事情などまるで考えず入院配分したり、同じ時間に複数人入院させたり、ホワイトボードの上だけで患者コントロールをしていて、誰も文句が言えない体勢が出来ています。しかも理事にちゃっかり名を連ね、あからさまな懲罰人事をしたり、私的な理由で認定看護師は大嫌い、居ることによって認定取りたい他社員のキャリア形成の邪魔になっています。また権力への執着が凄いですので、65歳でも簡単には退かす相談役とか、顧問とか肩書きを変えて影響力を持ちそうです。老害なので早く辞めて欲しいです。こんなのがこの先ずっといるのかと思うと、一刻も早く退職をしたいです。冬ボーナスまでが限界で辞めます。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 
看護部長のような役職はあまり長期にわたって同じ人をつけるとやはり弊害は出てきます。
一番困るのが個人的な好き嫌いで人事を行なって、嫌いな人物を冷遇したり、最悪難癖をつけて退職に追い込むなど。
反対に能力的、人格的に問題がある人物を役職につけて、現場を混乱させたりもします。
あとは年齢的なものもあって思考力の低下なのか、正常な判断ができなくなり、現場に対して意味不明な介入をしてみたり、現場からの訴えに対応できなかったりもします。
元々まともだった人でもそうなるのですから、まともじゃない人に部長なんかやらせた日にはそれはそれは酷いことになります。
例えば院長の愛人の一人であった人物が能力や人格を度外視する形などです。
人事も含めて他部署にまで引っ掻き回されてぐちゃぐちゃになるし、まともな人からやめていくので、地獄みたいなクソ職場の出来上がりでした。
  • 名無しのナースさん さんより
  • 2022/07/21 11:57

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください