このコビットのせいでどれだけの看護師が大変な思いをしているのだろう。
最前線で働かれている看護師の皆さんはもちろんのこと、コビットとは関わらない職場の看護師であっても、少なからず被害を受けているはず。

市中感染のない田舎ですら、感染指定病院のため急いで感染病棟を作り上げ、コビット陽性者を受け入れた。

感染病棟で働きたいなど言った覚えはない。
勤めていた病棟は感染病棟を作るため、解散となってしまった。仕方なく現状を受け入れるしかない。
  
陽性患者がいなくなっても、次の余波の準備をしながら、感染病棟にいなければならないのは、本当に苦痛だ。

仕事しなくてもいいなら、仕事なんてしない。

広告

スポンサードリンク


 



クリック▶看護師考案!看護師限定 婚活マッチングサービス
【ホワイトパートナーズ】

病棟の仕事がつらい看護師さんへ
↓↓↓

← トップページに戻る


≪≪ 応援してくれると嬉しいです

励ましの言葉

 

コメントはまだ投稿されていません。
励ましの言葉を投稿してみませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは使用できません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください