職場を替えたい/看護師の転職事情

看護師の面接で看護観をうまく伝えるために

看護師の就職・転職において、看護観が大切だという言葉をよく聞くでしょう。
看護観とは、自分なりの看護に対する考え、看護師に必要なもの、今後看護師としてどのように活躍していきたいか、といった看護師に対する考え、思想、哲学などを指します。

職業に関係なく、面接で必ず聞かれる事柄として「なぜ、この仕事・職場を選んだのか?」というものがあります。
明確な目的意識を持つことなく仕事をはじめても、途中で辞めてしまう方が多いのです。
目的が不明確だと、どのように努力すればいいのかわからなくなりますし、モチベーションを維持することもできません。
目標なく頑張っている状態ですから、空回りすることも多くなるでしょう。

看護観を明確にするには、自分に正直になって、なぜこの仕事に就こうと思ったのか考えてみることです。
他人の台詞を真似たところで、薄っぺらな言葉しか生まれません。
普段、自分の意見を持たない人は、看護観を持つこともできないでしょう。
意見を持つためには、普段から物事に対して「なぜ?」という疑問を持つことです。
考えるクセをつけておかないと、自分の意見はなかなか出てこないものです。

面接で看護観をうまく伝えるためには、十分なイメージトレーニングが必要となります。
基本となるのは、「なぜこの病院を選んだのか?」「なぜ他の病院ではダメなのか?」です。
そのほか、退職理由も間違いなく聞かれますので、前向きな内容を用意しておくことです。

看護観は自分で考えて、自分の言葉にすることが大切ですが、すべて本音である必要はありません。
ネガティブな内容だと思われるなら、正直に言わないほうがいい場合もあります。
例えば、「忙しすぎて大変だった」「上司・同僚とうまくやっていけなかった」などの理由は好ましくないでしょう。
求人側は長期勤続してくれる人材を求めているものです。
すぐに退職する可能性がある人材は避けてきます。

履歴書に記載されている項目も、かなりの確率で聞かれます。
趣味・特技といった、仕事とはあまり関係ないと思われることについても聞かれると考えたほうがいいでしょう。
「趣味・特技はありません」などと答えるのはダメです。
少なくとも履歴書にある項目については、聞かれることを想定して答えを用意しておくことです。
看護観を含めた自己アピールは、面接で非常に重要となります。
近年は高スキル・キャリアよりも、アピール力もコミュニケーション力のひとつとして重視して採用を決める職場も増えているようですよ。

今日の部屋持ち:onoi

看護師の転職求人サイトで おすすめはココ

ナースではたらこ

※ナースではたらこが選ばれる理由
1.サイトには出ない「非公開求人」の紹介
Webに公開されていない最新の人気求人があります。登録者の方限定で紹介あり。

2.看護師人材紹介「満足度No.1」※
多くの看護師さんに支持され、満足度第1位!
 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20~40代)

3.運営会社は東証一部上場企業で、求人情報会社の老舗として転職・人材分野に蓄積されたノウハウがある。

【ナースではたらこ】は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみのディップ株式会社が運営。

全国各地の医療機関情報を網羅していますが、1都3県の求人に強いので、
東京、神奈川、千葉、埼玉での就職を考えている看護師さんは、まずここに登録しておきましょう。

看護のお仕事

※看護のお仕事が選ばれる理由
1.全国各地に支店があるので、全国どちらにお住まいの方でもサポート可能
しかも各地域に専任のコンサルタントがいるので「地域密着型」の提案・対応があるのが助かる!

2.看護師さんの生活に合わせた「24時間電話対応」も行っています。

3.累計年間登録数は、業界最大級の11万人以上。
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)も多く保有。

実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえた提案をしてもらえるのが良さ!

医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがていねいに対応し、給与などの個人で行うと難しい条件交渉もしてくれます

また、無理に転職を勧めることはないそうです。

看護師さんの人生が少しでも良くなるような働き方がわかるキャリアセミナーや、看護師さんのための美容イベント等の開催も行っていますね。

-職場を替えたい/看護師の転職事情